2009年3月 のアーカイブ

低価格ハンダゴテ

2009年3月26日 木曜日

ダイソーで売られているハンダゴテを買ってみました。420円で30ワットのものです。

dscn0048

青い方がダイソーのコテで、赤い方はハッコーのRED20ワットです。ダイソーの方が重心が先にあるみたいですが、だから特にどうということもなく、普通に使えました。入門用としては充分でしょう。コテ先も普通に表面処理してあるみたいで、問題になるような酸化もありませんでした。コテ先の仕様はφ4の65mmでした(実測)。交換用コテ先は、ハッコーの501-Tが適合しそうですが、5mmだけ長くなります。気になるなら切断するとか…?ホーザンのは未確認です。個人的には、コテ先を交換するくらいなら、セラミックヒーターで温度調整のコテに買い換えるべきだと思います。

製造は中国ですが、PSEの表示はドウシシャとなっています。

Eagle CAD 日本語化 パッチ 20090315版

2009年3月15日 日曜日

日本語化パッチを更新しました。
ちなみに、Eagle本体には全く手を加えておりません。Windows版で行いました。

日本語のリソースファイル(Ver.5.4.0用) 20090315.zip 展開してEagle.exeと同じフォルダに置いてください。

配布ページはこちらです

あと、環境変数の設定が必要です。システム環境変数に、変数”LANG” 値”ja” を追加してください。

まだ英文表記が残っていますので、追々修正していきます。
メニューだけでなくメッセージやダイアログの一部も日本語化しています。

手元の日本語マニュアル(Ver4.1用)の用語に沿って日本語化していますが、最新の仕様(Ver.5系)についての日本語訳情報もお待ちしております。

Eagle CAD 日本語化 パッチ

2009年3月12日 木曜日

CadSoft社の低価格・高機能CAD Eagle の日本語化を試みてみました。

本家CadSoft社 http://www.cadsoft.de/

Eagleは以前から、トロルテック社のQTという開発環境で作られています。バージョン4系のEagleはQT自体も日本語が扱えなかったようなのですが、最新のバージョン5系では素で日本語化が可能になっています。

2日ほど格闘して、不完全ですが、それなりに日本語化できましたので公開します。ちなみに、Eagle本体には全く手を加えておりません。Windows版で行いました。

日本語のリソースファイル(Ver.5.4.0用) eagle_ja.qm Eagle.exeと同じフォルダに置いてください。

配布ページはこちらです

あと、環境変数の設定が必要です。システム環境変数に、”LANG=ja”を追加してください。

まだ英文表記が残っていますので、追々修正していきます。