‘100円ショップ’ カテゴリーのアーカイブ

低価格ハンダゴテ

2009年3月26日 木曜日

ダイソーで売られているハンダゴテを買ってみました。420円で30ワットのものです。

dscn0048

青い方がダイソーのコテで、赤い方はハッコーのRED20ワットです。ダイソーの方が重心が先にあるみたいですが、だから特にどうということもなく、普通に使えました。入門用としては充分でしょう。コテ先も普通に表面処理してあるみたいで、問題になるような酸化もありませんでした。コテ先の仕様はφ4の65mmでした(実測)。交換用コテ先は、ハッコーの501-Tが適合しそうですが、5mmだけ長くなります。気になるなら切断するとか…?ホーザンのは未確認です。個人的には、コテ先を交換するくらいなら、セラミックヒーターで温度調整のコテに買い換えるべきだと思います。

製造は中国ですが、PSEの表示はドウシシャとなっています。

100円ラジオ

2009年1月28日 水曜日

かつて、自作界を風靡したダイソーの100円ラジオですが、既に店頭から消えて久しいです。今週、近所の100円ショップにて、在庫が復活しているのを確認しました。

dscn0010

もちろん、迷わず購入しましたとも。

で、まずは動作確認と素性の確認から。単4電池1本を入れ、ヘッドホンをつなぐと正常に動作しました。だいおう堂の場所は、少し電波の弱い地域なのですが、音が割れるほどガンガン聞こえます。

回路がストレート方式なのか、スーパーヘテロダイン方式なのかを調べるため、別のラジオで1600KHz付近を受信しながら、100円ラジオの選局ダイヤルを回します。別のラジオに何も変化がないので、ストレート方式だと分かりました。

dscn0015

ここまで確認したところで、分解してみます。

dscn0016

高周波トランスは1つもなく、やはりストレート方式だと分かります。トランジスタまたはICと思われるものが3個見えます。

dscn0017

Q1はトランジスタでなく、ラジオ用ICのTA7642です。残りの2石は、S9014でした。

日本でこれを作ったら、絶対に100円では作れません。アジアの競争力は恐るべしというところです。