‘書籍’ カテゴリーのアーカイブ

【書籍】電子工作ハンドブック2 回路設計 入門編

2009年1月28日 水曜日

著者:宇野 俊夫 発行:翔泳社 定価1,220円 2008年6月発行
 対象は中学生~。電子工作の基本を解説するシリーズの2巻。基本的な回路を広く浅く触れている。アナログ的な部分よりも、マイコン周辺回路の色彩が強いように思います。一部の回路図が極度に縮小されており、中高年を泣かせることもありそうだが、若者には問題ないであろう。

【書籍】電子工作ハンドブック1 工作・部品 入門編

2009年1月28日 水曜日

著者:宇野 俊夫 発行:翔泳社 定価1,220円 2008年6月発行

 対象は中学生~。電子工作の基本を解説するシリーズの1巻。工具/工作の基本とコツ、さまざまな電子部品の種類と仕組みを広く浅く触れている。辞書代わりに使うとよいでしょう。

【書籍】電気・電子製図 改訂版

2009年1月27日 火曜日

著者:狩集 住義, 中沢 仁, 久保 嘉之 発行:実教出版 定価4,300円 1988年1月発行
製図の基本的な教科書。対象は工業高校生~社会人あたり。製図における各種「しきたり」を解説している。基本知識としては押さえておきたい。が、実務の世界では、必ずしもこの本に沿っているわけではなく、「分かれば(もっと簡単に書いても)OK」という場面も多々あった。

【書籍】ジュニアラジオスクール

2009年1月17日 土曜日

著者:笠原昭男 発行:山海堂 定価1200円 1982年7月発行
いちばん最初に購入した電気関係の書籍は、この本でした。各種部品から、電波、ラジオ、無線、マイコン、エレクトロニクスの未来まで、内容は多岐に渡ります。

この本には、とてもお世話になりました。当時の入門書としては、今読んでもよくまとまっていると思います。
ただし、発行から4半世紀が経過したため、現代の子供には向きませんが。